読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

勉強→インテリア→空間と空間意識。

空間と空間意識。

モノの平均的な幅がわかれば、次は置く位置。最近はマインクラフトとかで鍛えられている人もいるであろう。そんな感じ。
そしてモノの位置もそうだけれど、人もいわゆるモノだったりするわけで、そこには心理的なモノも加わってくるのである。

空間。
え。
instagram及びflickerの画像をお借りしています。感謝デス。
モノを置くだけならねぇ。 例えば、扉の前にソファを置くとかドッキリでしかない。これは極端としても例えば椅子を引くとき、後ろにすぐ壁があるとか、そんな業者は勘弁である。

f:id:snocyuublog:20170409131903j:plain

ソシオペタル コミュニケーション重視の配置。

 f:id:snocyuublog:20170409131749j:plain

ソシオフーガル プライバシー重視の配置。

 f:id:snocyuublog:20170409131738j:plain

公衆距離 370cm以上
大声で話せる距離。

 f:id:snocyuublog:20170409131653j:plain

社会距離 120㎝~370cm
親しくはないけれど普通の距離。パーソナルスペースラインかな。パーソナルスペースは提唱したRソマーさんによると「人には、他人が容易に入り込めない身体を取り巻く気泡のような目に見えない領域がある」だとさ。

 f:id:snocyuublog:20170409131702j:plain

個体距離 45cm~120㎝
仲良しな距離。

 f:id:snocyuublog:20170409131713j:plain

密接距離 0㎝~45cm
恋人とか親子とか。

 f:id:snocyuublog:20170409131721j:plain

ポピュレーションステレオタイプ 例えば島があったら上陸するじゃん。例えばボタンがあったら、dangerと書かれていても押すのが男だろ?そんなものさ。
つまり人には無意識にこういうものだっていう心理があって、それを意識した設計にしておかないと混乱するって事。

f:id:snocyuublog:20170409131728j:plain