読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

勉強→インテリア→アンピール様式/ビーターマイヤー様式

インテリア 勉強 歴史

アンピール様式/ビーターマイヤー様式

ネオクラシズム様式という大きなカテゴリーの中にフランスではアンビール様式。ドイツ・オーストラリアではビーターマイヤー様式が育つ。時は1800年代前半のお話。江戸時代後半。

ネオクラシズム様式
え。
instagram及びflickerの画像をお借りしています。感謝デス。
エトワール凱旋門 アンピール様式。ナポレオンばんざーいな時代。Nの文字が入った装飾が飾られる。

アンピール様式の椅子 アンピール様式Style Empire帝政様式。エンパイアの方が方が日本ではなじみがあると思うけれど。

ビーダーマイヤー様式 ビーダーマイヤーは風刺週刊誌の中に描かれた人物。んー時代が圧政的だったから内に向いたんだね。それでビーダーマイヤーみたいに政治とか国際情勢とか関係ねーよ的な感じが感じが好まれた時代。

リージェンシー様式 アンピール様式+古代ローマ、エジプトの古典様式を取り入れたのがリージェンシー様式。サーベルレッグ、リーデッドレッグ、リングターンという椅子脚が特徴。写真はサーベルレッグ。

ウィンザーチェア イギリスウィンザーで作られたからウィンザーの椅子。ウィンザーチェア。アメリカの輸出され改良。コロニアル(植民地)様式の代表的な椅子ともなった。

シェーカー様式の椅子 シェーカー教徒が作った椅子。はしご状の背。ラダーバック。スラット(小幅の板)バックと呼ばれる。