読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

勉強→インテリア→書院造

書院造のインテリア

平安時代寝殿造が始まり中世を経て室町時代に改変される。そして安土桃山時代に書院造として一つ屋根の下に収まるようになっていく。時代背景としては、今度NHK大河ドラマで行われる井伊直虎が躍動する、室町時代から安土桃山時代にかけて。

書院造
え。
instagram及びflickerの画像をお借りしています。感謝デス。
武家屋敷住宅図 棟という考えから一軒家って考えになっていく感じ。

http://kazusa.jpn.org/b/wp-content/uploads/2013/06/3b6854dec8bab5e89429518dcf39a9e5.jpg

ハレ この時代には、今でいう応接室が作られている。これが晴れの場所。反対にというのがプライベート。この言葉は日葡辞書にっぽじしょ(1603刊行)というものに載っている。この辞書はイエズス会が発行したものだけれど、この時代に既に外人がいるってのは不思議でもなんでもないのかな。

Nagoya Castle Honmaru Palace Audience Room (表書院)

 

天井 この時代は天井でも格が決まってくるみたい。二重折上格天井にじゅうおりあげごうてんじょうが一番格が高いのかな。一般的なのは竿縁天井さおぶちてんじょう

http://image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/9/6512bca35a248385fef3f556ecb3c815a91bb1bc.91.2.9.2.jpeg

とこ付書院つけしょいん 床:お椀が乗っている側の壁。仏画鑑賞用。鎌倉時代に花瓶、香炉、燭台の三点セットを並べていたみたい。名前は三具足さんぐそく
付書院:左の金色の部分。床の廊下側につけることがルール。元来は坊さんの書斎として用いた出文机だしふづくえがルーツ。

違い棚 付書院と反対側に置くのがルール。東求堂、同仁斉のが最古。器、文房具を飾ってたみたいだけれど、地震大国だからね。日本。座敷飾り化しましたとさ。

帳台構ちょうだいがまえ 違い棚の横。付書院の前に位置する引違戸の装飾。

小壁こかべ上段框じょうだんかまち 小壁:障子の上。小壁という、または張付。
上段框:身分違いの視覚化だね。上からモノ言うなってやつ。

障子しょうじ 障子。昔は明障子って言ってたそうな。

明障子

まとめ。

  • 接客空間の登場。
  • 天井張りと畳の登場。
  • 部屋用途の明確化。
  • 座敷飾りの発展。
  • 角柱で統一。

あ!ついでにもう一つ室町時代に流行った言葉を紹介しないといけない。
いつの時代もやっぱり落ち込む人はいたりした。その時に頼りになるのは神様だったり、恋人だったりするのかもしれない。それでもそれにすがれないって人がいて、その人たちが頼った言葉があったらしい。その証拠となるVTRが発見されたので紹介しておこう。

www.youtube.com