読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

勉強→インテリア→マーケティング

マーケティングの4P(price)

・Product(製品)
・Price(価値)
・Place(場所)
・Promotion(販売促進)
価格(price)説明
初期高価格政策 最初から高価格設定を行い、コストの早期回収を行う事
初期低価格政策 逆。
名声価格政策 ブランド力の強い商品に、その名声に見合った価格設定…。あーブランド価格の事か。
追走価格政策 特定商品シェアNO.1の企業であるマーケットリーダーの価格に、他社が追随していく
差別価格政策 業者間取引にて、ロイヤリティ(忠誠度)の高い業者に対して、便宜を図ってあげる事
コスト・プラス法 制作原価、仕入れ原価に利益をプラスして価格を決める。マーケティングでは敬遠されがち。
再販売価格維持制度 本とかCDとか、割引されないじゃん。その事。業者間でこの商品はこの価格って決めている。
ロスリーダー 原価割れ商品を作り、他の商品も購入してもらう方法

再販売価格維持制度
関わってくるのは独禁法。メーカー談合すんねじゃねーよ。って法律。
でも書籍、雑誌、新聞、音楽CD、音楽テープ、レコードの6品目はその法律は適用されない。
これを再販売価格維持制度。
何で再販売価格精度が設けられているかって言うと、文化的素養がなんたらかんたら。
まぁ、教養的な要素に価格をつけると、全国的な格差が出来るんじゃね?ってことかな。
ネットが普及した世の中では、もうちょっと考えたほうが良いよねって法律だけれど、
抵抗される団体さん多そうだね。呪縛だなー。こう言う法律とかslackでスレッド建てて
どういう感じが良いのか?って話し合ったら速攻だと思うけれど、time is moneyだよね