読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

勉強→インテリア→椅子(セブンチェア)

・セブンチェア

・アルネヤコセブン

・1955

・スタッキング可能

・成形合板、スチールパイプ

 

芸術大学に置かれてそうな椅子だなー。今時。

スカンジナビアダンチェアググれよ検索数2位、1230000件。セブンチェア。

 

この時代の椅子の検索を行っているとよく、ミッドセンチュリーインテリアって言葉が出てくる。何かというと1940-1960年、米国中心としたインダストリアルデザイン(産業デザイン)を施された家具なんだって。

 

時代背景として1945年第二次世界大戦が終わって、ってボクがブログで第二次世界大戦なんて言葉書くと思わなかった…。まぁいいや。まぁ家庭を大事にしようぜってのと、そうなると家具もいいものを使おうってなって、そうなると大量生産が必要なものだし…って。ほら、大量生産されているならこの時代は絶対安くていいものをだと思うんだけれどなー。まぁいいや。

 

僕が勉強している参考書では成形合板は1930年あたりのスカンジナビアダンから出ているけれど、トーマスリートフェルトさんが最初っぽいのかな。

 

色々見ていると、フリッツハンセンのセブンチェアって出てくるので、アレ?ヤコセブンさんじゃないのって思ったら会社の名前なんだね。投資って感じなのかなー。もうちょっと詳細に調べたら出てくるんだろうけれど。でも、1872年に設立された会社のサイト。全然そんな風に思えないっていうか、日本のベンチャーが作ってるようなサイト作り。前衛的な会社姿勢が素晴らしいなって思います。